売上を左右!キャバクラの店長が教えるキャスト管理術

キャバクラのキャスト管理は誰の仕事? キャバクラのキャスト管理は、ボーイやマネージャーの仕事であることがほとんどだ。 店長が直接キャスト管理に携わることもあるが、ボーイ達に一任することもよく見られる。 ただ、店長は誰をどのキャストの担当にするかを決める役割もあるから責任重大だ。 いい加減なボーイや能力のないマネージャーにキャスト管理を任せてしまえば店の売上を大きく左右してしまうことも珍しくないよ。 […]

【ブサメン】キャストは顔採用だけどボーイにビジュアルは関係あるか

キャバクラのボーイに顔採用はないけど・・・ キャバクラのボーイを見てると、ビジュアル的にイケメンが多いって感じたこと無い? 結構イケメン比率が高いお店も多いけど、顔が良いから採用時に優遇される、ということはない。 基本的には関係なくて、ビジュアルに自信がなくても採用される可能性はあるよ。 ただし、何らかの特徴がある人は優先して採用されやすいかな。 例えば芸能人に似てるっていうと、お店側が即採用する […]

キャバクラのボーイもお酒を飲む機会はあるのか

キャバクラのお客様はボーイにお酒をふるまう人も多い 普通のキャバクラは、キャストとお客様がお酒を飲みながら楽しむお店だ。 ボーイはあくまで黒子であって、表に立つようなことは滅多にない、と考える人が多いよね。 でも実際はそうでもなくて、ボーイにお酒を振る舞ってくれるお客様も多いんだ。 これをどう取るかは人それぞれだけど、お酒が苦手な人はちょっと辛いかもしんないね。 ただ、お酒が強い人も注意が必要だな […]

【絶賛募集中!】キャバクラではこんなボーイを求めている

ボーイは誰でも務まるわけじゃない キャバクラのボーイって案外時給は良いし、基本夜の仕事だから、フリーターなんかで掛け持ちしてる人もいる。 昇給ペースも早いから、稼ぎたい人には魅力の多い仕事なんだけど、誰でも務まるほどヤワな仕事じゃない。 いざ入店してもさ、1ヶ月持たずに辞めちゃう人とか、たまにバックレる人もいるからね。 だったら、どんな人がボーイに適してるのか気になるよね。 メンヘラ・DQN耐性が […]

キャストだけじゃない!キャバクラで働くボーイにも罰金は適用される

ボーイが徴収されるキャバクラでの罰金の種類 キャストが売上のノルマを達成できないと、お店から罰金を取られることがある。 キャバクラでは全然珍しくない光景だね。 ただ、罰金はキャストだけじゃない。 ボーイも罰金が徴収されることもあるんだ。 キャストと比べてもちょっと種類が多くて、人によっちゃ支払う回数が多くなるかもね。 ・遅刻や早退 ・欠勤(無断欠勤含む) ・お店のミーティングの欠席 ・ノルマの未達 […]

風紀とは違う?!─キャバクラのボーイが仕掛ける“色恋管理”とは

ボーイの仕事の一環“色恋管理”とは キャバクラで働いてると、ボーイとキャストの風紀にも気を配らないといけない。 風紀を乱さないようにするには、色恋管理が必要なときもある。 色恋管理は、ボーイがキャストに対して思わせぶりな態度・発言をして、あえて自分を好きにさせる手段だ。 そうすることでキャストに仕事を頑張らせ、恋愛沙汰から遠ざける方法だね。 ボーイも時々色恋管理に携わることがある。 色恋管理はお店 […]

【風紀違反でクビ】キャストとボーイの恋愛はキャバクラでは御法度!

キャストと恋愛したい?止めておきなさい キャストとボーイは、キャバクラの主役と脇役なんだけど、突き詰めていけば男と女。 時には惹かれ合って両思いになるパターンもある。 可愛いキャストも多いし、恋愛したいと考えるのも無理はないね。 実は恋愛目的でボーイになる人もいるけど、リスクが大きいから止めたほうがいい。 風紀を乱すと大変なことになる。 キャバクラでいう“風紀”とは何か けど、”風紀& […]

女性も「エスコートレディ」としてキャバクラで働く事ができる

ボーイは男性…だけじゃない キャバクラで働くボーイは基本的に男だ。 逆にキャストは女性のみだけど、性別によって役割分担されているのが普通のキャバクラだね。 しかし、実はボーイは男性だけの仕事とは限らない。 実は女性がボーイの仕事をこなしているお店もあるんだ。 エスコートレディは女性版のキャバクラボーイ 女性版のボーイは「エスコートレディ」と呼ばれている。 男性をボーイ、女性を”ガール& […]

キャバクラで働くボーイの基本│お客様のことはメモを取ること

ボーイにとってお客様の把握は欠かせない それぞれのキャバクラには、必ずお得意様がいる。 フリーで来店するお客様も、これから常連になってくれるかもしれない。 基本的に接客はキャストの仕事だけど、当然ボーイも他人事ではないよ。 お客様のことはキャストと同等か、それ以上に把握しておくべきだ。 「あの人だれ?」となったら、自身の評価にも影響しかねない。 だからメモを取ってお客様のことを把握しておこう。 キ […]