キサラギ:タイトルロゴ

今村ねずみ:オダ・ユージ
「THE CONVOY SHOW」主宰。劇団「夢の遊眠社」の門を叩いたのち、1986年、「THE CONVOY SHOW」をスタートさせる。以来、全ての作・構成・演出を手掛け出演。ノンストップ・エンタテインメント・ショウ「THE CONVOY SHOW」というジャンルに20年間挑み、活動の場を劇場にとどめず、ホテル、ホール、日本武道館にまで拡げ、全国で10万人を動員。また、2006年には単身韓国に渡り、自身の代表作である「ATOM」韓国版を創り、絶大なる評価を得、ロングラン公演を実現。その他、外部にも多数出演。最近の主な出演作に、舞台:「蜘蛛女のキス」「6週間のダンスレッスン」「キサラギ」「THE 39 STEPS」「絹の靴下〜Silk Stockings〜」映画:「菊次郎の夏」(北野武監督)等がある。

1999年には、前年グランドプリンスホテル赤坂にて、THE CONVOY SHOW「帰ってきたパ+ピ+プ+ぺ+ポ〜」1ヶ月公演を大成功に収め、「ホテルを劇場」に変え、演劇界に新たなムーブメントを巻き起こし、本物のエンタテインメントを追及する期待の演劇人ということに対し、日本映画テレビプロデューサー協会主催、第12回「ザ・ヒットメーカー‘99」演劇部門を受賞。

また、2010年「キサラギ」で演じたオダ・ユージと、「THE 39 STEPS」のクラウン1の演技が認められ、第35回菊田一夫演劇賞を受賞した。
戻る

松岡充 浅利陽介 碓井将大 中山祐一朗 今村ねずみ

松岡充 浅利陽介 碓井将大 中山祐一朗 今村ねずみ
原作脚本:古沢良太 企画:『キサラギ』プロジェクト総合プロデューサー 野間清恵 演出:板垣恭一 舞台脚本:三枝玄樹